橋を渡るSLを最高の姿勢で眺めて見た

荒川 チェアリング

こんにちは。「チェアリング」という折りたたみ椅子を広めの公園や河川敷等で広げ、飲み物を飲んだり景色を眺めながらリラックスするアウトドアを定期的に企画・実施しているTakuと申します。

今回は東京から近い、埼玉県内を走る汽車を見ながら寛げるスポットについて紹介します。

今回選んだ場所

今回選んだ場所はこちら

埼玉県の長瀞エリアをチョイスしました。

正面に写っている鉄橋は秩父鉄道という路線が走っており、土休日には…

SL(蒸気機関車)が走ります!!ここ荒川橋梁は秩父鉄道内で一番長い橋とのことです。

そのため、ほぼ必ずと言っていいほどSLの汽笛が辺りに響いて圧巻です!!

そんな光景を楽しめる上に背もたれのある椅子を広げてリラックスもでき、まさに一石二鳥の楽しみ方ができちゃいます!

鉄道以外の景色も楽しむ

…という話だけで終わるのもイマイチですよね(笑)

この場所は鉄道以外にも見て楽しめる要素がかなりあります。順番にご紹介します。

川下り

長瀞付近を流れる荒川では「長瀞ライン下り」といって、船頭さんが漕ぐ船に乗って川下りを行えます!

長瀞訪問時の目玉と言っても良いでしょう。料金設定も比較的リーズナブルなお値段で、自然を満喫しながらアトラクションを楽しみたいという方にはオススメできます。

カヤック

ここ長瀞では、ライン下りを行っている船の周りにカヤックを楽しむグループの方々が多く見受けられます。

水の上にボートのようなものを浮かべて、オールで漕いで速度を調節しながら川の流れにのる…と言ったイメージでしょうか。

僕自身は経験がないのですが、見ていると自然と直に接しながら運動もできる素晴らしいアウトドアといった印象を抱きました。その内挑戦してみたいですね!

ひたすら自然観察

川下りやカヤックを楽しむ方々を観察する以外にも、この場所はかなり遠くまで見渡せる場所になっているので辺りに広がる自然を徹底的に観察するのも一つの方法です!

遠くまで見渡せることから視力を鍛える良いトレーニングになるかもしれませんね。

チェアリングのお供に

ある程度の時間、チェアリングを楽しんでいるとやはり空腹が襲ってきますよね。

そこで、今回のお供はこちら

●おにぎり(昆布)

●おにぎり(焼鮭)

●焼豚切り落とし

●かぼちゃとクリームチーズのサラダ

●お〜いお茶濃い茶

●京都レモネード

全てセブンイレブンさんで揃えました。ちなみにこの場所の最寄駅は秩父鉄道の上長瀞駅ですが、この辺りはコンビニが少なく、お隣の長瀞駅周辺で軽食やテイクアウト商品を調達する必要があります。

しかし、上長瀞駅前にも美味しそうなお蕎麦屋さんも点在しています。今回は足を運べなかったので次回訪問時はお昼に訪れてみたいですね。

アクセス方法

電車の場合、秩父鉄道線「上長瀞駅」より徒歩5分程の所にあります。

車やバイク等でもアクセスは可能かと思われますが、バイクで来られている方が多い印象です。

お隣の「長瀞駅」で下車し、駅周辺にある売店や飲食店を見て回りながらアクセスするのも良いかと思います!

また、既に少し紹介した「長瀞ライン下り」の予約受付も「長瀞駅」周辺で行えます。

飲食店には色々な種類の商品がありますが、お蕎麦屋さんと埼玉名物の「みそポテト」が多い印象です。

まとめ

今回は、埼玉県の長瀞でSLウォッチを楽しみながら実施したチェアリングについてレポートしてみました。

ちなみにこのSLは「パレオエクスプレス」という名称で運行しており、運転区間は行きが寄居→三峰口、帰りは三峰口→熊谷の区間を走行します。

乗車する区間の運賃(フリーパスでも可)とSL指定券(740円)を支払えばSLが牽引する客車に乗車することが可能です。

僕は長瀞でのチェアリングを終えた後、三峰口からこのSLに乗車し、熊谷まで片道約2時間半の汽車旅を楽しんできました。

老若男女問わず、沿線住民がSLに向かって手を振っている光景が見れ、住民の懐の温かさを直に感じ取れる汽車旅でした。

また、帰りの便は途中、「ふかや花園」という最近開業した新しい駅に停車します。この駅の目の前には「ふかや花園アウトレットモール」という施設があり、かなり多くの人で賑わう施設のようです!

このアウトレットモールからも遠くからSLに向かって手を振る人達が沢山いるため、乗車している僕も自然と笑顔になっていました。(もっと言うと感動で半泣き状態になっていました笑)

今回訪れた長瀞でのチェアリングに加え、更なる安らぎを感じたい方はSLパレオエクスプレスへの乗車も検討されてみてはいかがでしょうか。

SLパレオエクスプレスについては乗車する際、オンラインにて会員登録及び事前予約をし、乗車日当日に駅員さんにQRコードを提示すると共に料金を支払うことで指定券が発券されます。

詳細は下記リンクからどうぞ。

https://www.chichibu-railway.co.jp/slpaleo/

SLパレオエクスプレス 秩父鉄道

予約は「SL予約システム」から行えます。

それでは良きチェアリングライフをお過ごしください。

最後までご覧頂きありがとうございました。次回の記事もよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました